感染症の感染症所を増やさないためには潜伏期間に注意

感染症を予防するという意味で感染予防という言葉が存在し、自分が感染し感染症所を生み出さないことと他に感染を拡大させ新たな感染症所を生み出さないという両面があります。
感染症として認知度が高い流行性結膜炎をはじめインフルエンザといった感染症の場合は自分以外に感染症所を生み出してしまうことを避けるためお仕事や学校を一定の期間しっかりと休むということが重要になります。
時折、しっかりと休んだのにも関わらず感染を拡大させてしまう場合があります。
そういった場合は潜伏期間に広めてしまった可能性を疑いましょう。
そして、潜伏期間も感染経路の一つと言うことができますが他には空気感染をはじめ飛沫感染や接触感染、媒介物や昆虫が挙げられます。
感染症に感染し感染症所を予防する基本的な方法として血液や痰といった湿性物質を感染源とみなして対応するという考え方があります。
中でも一般的なのが標準予防策の手洗いです。
前もって血液や体液といったものに触れることが予想されているのなら加えて手袋も使用します。
また拡大が予測される場合にはマスクやゴーグル、ガウンといったものを着用することが好ましいです。
手洗いは石鹸を用いて流水で行うことが原則となっています。
中でも血液もしくは体液といった湿性物質に触れた後は、目に見えて汚れていなくても手を洗うことが求められます。
この際、手袋をしっかりと利用していたとしても手は洗わなければなりません。
そして、手を洗った後はアルコール消毒を行うとより一層感染症を予防することができます。
近年では国民病と呼ばれるような感染症が減ってきているものの潜伏期間などに注意し、念入りに対応することが求められます。