性感染症のクラミジアには皮膚科でジスロマックを処方

性感染症が疑われるときには、皮膚科を受診することが大切になります。
性感染症のクラミジアを発症しているときには、皮膚科でジスロマックの処方を受けます。
クラミジアの治療は従来までは、服薬回数を増やして長い期間にわたっての治療を行う必要がありましたが、
ジスロマックの登場によって1回の服用によって、薬の効果は7日間続きますので便利に治療が行えるようになっています。
ジスロマックを服用した際における、クラミジアの治癒率は90%を超えていますので、高確率で治すことが可能です。
近年の日本においてクラミジアは増加している傾向にある性感染症で、自分が完治した場合であっても、性行為のパートナーが発症している状態であれば、再び感染してしまうことになりますので、パートナーも含めて皮膚科を受診して治療する必要があります。
ジスロマックの服用は、1回につき1000mgの服用を行います。
胃腸が弱い方の場合には、副作用として腹痛や下痢の症状があらわれることが考えられますので、副作用が心配な型の場合には500mgに分けて服用することになります。
一定の副作用を発症する危険性も考えられることから、専門の皮膚科などの医療機関を受診して処方してもらうことが推奨されます。
水と一緒に服用する方法で、食事のことを気にしないで使用することが可能です。
ジスロマックの主成分は、アジスロマイシン水和物となっており、細菌が原因の感染症に強い効果を発揮する医薬品で、クラミジアの他にもグラム陰性菌やグラム陽性菌、マイコプラズマなどに対しても有効性の高い薬となります。
医療機関を受診する時間的な余裕のないときには、個人輸入代行をしている通販サイトでもジスロマックの購入が可能となりますが、通販によって医薬品を購入するときには信頼性の高い業者を選択することが大切です。